FX初心者

FXでおすすめのサーバーはVPS! そのメリットとデメリットについて

 

あなたは今、FXのサーバーってどれを選んだらいいんだろうって悩でいませんか?

FXを始めるには、海外の膨大なデータを取り扱う為、サーバーへの登録が必要になって来ます。

「サーバーなんて全然知らないし、ワケわかんないよ。」

確かにいきなりサーバーなんて言われても、どれを選んだらいいかわからなくなりますよね。

でも、大丈夫。
ちゃんと、FX向けに特化した”VPS”というサーバーがあるんです。

ここではそんなVPSついての特徴をわかりやすく説明して行きます。

VPSとは?

FXで使用できるサーバーは、

共用サーバー
VPS
専用サーバー

の3つがあります。

その中で、FXの取引に一番おススメなのがVPSです

VPSはレンタルサーバーの1つですが、共用サーバーとは仕組みが違います。
それは、仮想的にユーザーごとに個別のスペースを与えられて、共用サーバーより遥かに安定した自由な可動ができるよいうことです。
そして専用サーバーよりも格段にやすくサーバーを使用する事ができます。

もちろん専用サーバーよりは安定度はお劣ります。
それでもこのVPSを使用することによって、パソコンの電源をオフにしたときでも、24時間安定して使い続ける事ができるようになるのです。

 

VPS は無料で使えない?

 

 

FXの取引におススメなレンタルサーバーがVPSだというのは納得していただけたでしょうか?

でも、いきなりどんな使い方をするのか解らないままに契約して、使用量を支払うのってちょっと不安ですよね。

そんな人の為に国内のVPSでは利用登録時に10日~最長1ヶ月間は無料でお試しできす期間が準備されています。

ここで国内と書いたのは、海外ではある一定の条件を満たせば無料で契約できる会社もあるからです。

しかし当然ながらサーバーは海外にあり、もしトラブルが起きた場合には国内のようなスムーズな処理対応は難しい場合も考えられます。また、中にはかかわるべきではない会社も存在しているのはたしかです。

FXの事をよく理解して、ある程度経験を積むまでは、有料でも国内のサーバーで取引してリスクを回避した方が得策と言えるでしょう。

 

VPSの仕組み、共用サーバーとの違い

 

それでは、ここで同じレンタルサーバーでも仕組みが異なるVPSと共用サーバーについて、もう少しくわしく説明することにします。

共用サーバーとは…

共用サーバーは、最初から概ね設定がしてあるサーバーを何人かで一緒に使うシステムの事です。例えば1つのサーバーを1軒の家に例えたとします。家族何人かで暮らしていたら、それぞれに電気の使用量を考えて暮らさないと、建物のブレーカーが落ちてしまいますね。共用サーバーでも似たようなことが起きて、全体の使用量が設定されている容量をオーバーしてしまうとパソコンの動きが重くなったり、自分のサイトに入れなくなったりします。
一軒屋でしたら、ブレーカーを上げさえすれば電気は直ちに回復します。しかし相手がサーバー会社の場合は、イライラしながら苦情メールを送ったりしつつ、回復するまで待つことになります。
ですが、1つのサーバーを共用するので使用量は格段と安くなり、専門的な知識がなくても気軽に操作が出来ます。
契約するコースにもよりますが、FXが可能な環境だと共用サーバーの使用量は、1か月500円から3000円あたりです。

 

VPSの仕組み

先程の一軒屋でたとえるならVPSは一軒屋の容量、すなわち1つのサーバーを使用するのは1人のユーザーです。これだったら1人で余裕たっぷり使う事が出来ますね。

しかし注意しなければいけないのは、VPSの場合はこのサーバーが仮想的なものであり、専用サーバーに比べると、その安定度は不安定なものだということです。

またVPSを使いこなすには専用サーバー並みの知識が必要になります。
それと言うのも、設定が自由な分、メンテナンスなども独自で対処する必要がでてくるからです。

このようにVPSは共用サーバーと比べるとかなり性能が上がり自由な設定ができます。
しかし本格的な専用サーバー比較すると、さすがにその性能は落ちると言わざるをえません。

 

専用サーバーとVPSの違い

VPSと専用サーバーの決定的な違いは、仮想的か物理的の違いにあるといえるでしょう。
どちらも1つのサーバーをユーザーごとに使えるサービスですが、VPSの場合は仮想で、専用サーバーの場合は物理的になります。

実体のある物理サーバーに対して、仮想サーバーとは、物理サーバーを複数台に分けて、規模を縮小した物の事を指します。

そのため、VPSサーバーはあくまでも仮想であって、物理的である専用サーバーと比較すると、その安定度は下がり、トラブルが起こりやすいのは確かです。

しかし月々の使用量の面では、大幅に安い料金で利用できるメリットがあります。

 

専用サーバーの使用となると様々な設定や管理が必要となり使用開始まで時間がかかり、使用量も月々数万円かかる場合もあります。

 

VPS・共用サーバー・専用サーバーのメリット・デメリットまとめ

 

どうでしたか?
3つのレンタルサーバーの違いが具体的にわかっていただけたでしょうか?
これらのサーバーのメリットデメリットを簡略化すると次のようになります。

メリット デメリット
共用サーバー 操作が簡単で料金が安い。 他のユーザーの影響を受けやすく、パソコンの動きが悪くなりやすい。。
VPS 共用サーバーより自由に複雑な設定ができて、専用サーバーよりも料金が格安に抑えられる。 操作するには専門的な知識が必要。

専用サーバー程の専門性はなく、安定度も劣る。

専用サーバー 独自の物理的なサーバーのため、負荷の高いウェブサイトも可能。安定して幅広い活用ができる。 かなり専門的な知識が必要。

 

利用料金が高い

 

3つのサーバーのそれぞれの長所、短所をよく理解して、自分がやりたいことを具体的に定めたうえで、どれを利用するかを決めると良いでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

もし、

アナタの本業が労働時間12時間以上でブラック企業で休みも少ない………

ボーナスがない………

ただ、時間はあまりなくても副業で本気で稼ぎたい!!のであれば、私と同じ副業を1度試してみるのも良いと思います。

副業を長年にわたり、せどりやっても、アフィリエイトやってもたいした稼げなかった私が稼げるようになったのもFX自動売買ツールに出会えたおかげだからです。

きっとお金と時間に困っている人が私と同じ思いをしていると思います。

ちょっとでも同じような思いをしている副業頑張ってるパパさんやママさん、

床屋さん、美容師さんの助けになれば良いと心からおもって行動をしてともにチョットでも子供との時間や、お金に困らずちょいリッチくらいにはなれたらいいんじゃないと♪

もし、

今の現状を脱出したいとか、副業やってても中々、成果出てないって人には私はオススメしたいです。

あまり言い過ぎるとウソっぽく聞こえてしまうので、

この辺で…興味があれば⇩

それでは、公式LINEでのお問い合わせをお待ちしています。

直近相場3ヶ月連続で月利77%のFX自動売買ツールを使ってみる⇩

友だち追加

【ブログ読者限定特典10個つき】LINE 友達登録をして頂いた方には、FX の自動売買ツールを無料でプレゼント中!

 

期間限定公式LINEに友達登録してくれた方に 月利77%越えモンスター無料自動売買ツールプレゼント】 詳細はコチラ