FX自動売買ツール

【有料版FX自動売買ツール】ビースト2eaって?業界初の機能とは!?

今回はFX自動売買ツールであるビースト2eaについてご紹介させていただきます。

スタイリッシュなパソコン操作で常に変わりゆくグラフを見張り、時に慎重に、時に大胆に利益を上げるカッコイイ印象のあるFXには、ビーストという野生的な名前のシステムがあります。

どういうシステムか知らないけど、名前が嫌だ!私はかっこよくFXがしたい!

そんなアナタに、ビースト2eaがどういったシステムなのか、どんな事をしてくれるのかを今回はご説明させていただきたく思います。

どうか名前で判断なさらず、私の記事を読み、ビースト2を知った上で、評価くださいませ。
読み終える頃には、ビーストという名前の相応しさを知ることとなるでしょう!

そもそもBeast【ビースト】って???

ビーストとは取引の自動売買システムの一種です。

自動売買システムとは呼んで字の如く、FX取引を自動で売ったり、買ったりしてくれるシステムです。
つまり、FX取引をコンピューターの頭脳、ITで行うということです。

アナタがスマートホンやiphoneを初めて触った時のことを思い出してください。

無数にあるアプリに驚き、ネットサーフィンの速さに息を呑んだはずです。

今まで使っていた携帯電話の常識が覆ったことでしょう。ちなみに筆者はApple党なのでiphone派です。

それらの感動の正体は全て、コンピューターの頭脳、ITの成せる技なのです。数えきれないプログラムがあり、ネットワークを利用した様々なサービスが展開されました。

そして今も尚、画期的な新しいサービスが次々とこの世に輩出されています。

そんなIT化の波はFXにも押し寄せています。

自分だけの判断で売買の決定を下すのは難しいですよね。なぜなら客観性(他人から見た自分の考え)が失われ、主観性(自分の考え)のみが一人歩きしている可能性が高いからです。

特にFXのような資産運用は、失敗すれば自分の生活に影響を及ぼす可能性があります。

自分の判断が果たして合っているのか、誰かに聞きたい気持ちでいっぱいでしょう。

その判断は正しいといった太鼓判が欲しいでしょう。

周りにFXが詳しい人間がいれば多少安心できます。

ですが、そんな人は周りにいないという方もいますよね。主観性客観性の融合はそう簡単にはいかないもの。バランスも難しいです。

そこでコンピューターの頭脳、ITが登場します。

コンピューターの活用とは、そういった客観性の獲得を意味します。膨大なデータを一瞬で読み込み、過去から未来を予想するので、人間の感情の入る余地がありません。ではそのコンピューターの設定を自分好みに変えられるとすれば?

客観性を保ちつつ主観性を追加できるのです。

もっと稼ぎたいけど被害は最小限に。そこそこでいいからとにかく損益は避けたい。

そんなアナタの要望をコンピューターが客観的に解決してくれるならこんなに心強いことはないでしょう。

これからは最新技術を駆使し、安全に利益を出していきましょう!

Beast1【ビースト1】【無料自動売買ツール】

映画やゲームの次回作には〇〇2と名付けられる場合が多いですよね。
その法則はビースト2にも当てはまります。

ビースト2は、元々ビーストというシステムが先立って生まれ、改良を施された自動売買ツールになります。
なのでまず、ビーストのこと知っていただいた上で、ビースト2をご説明させていただきます。

ビーストの利益確保の仕組みはナンピン(難平)系と言われるものです。

ナンピン系とは、安くなった通貨を買い、価値が上がった(戻った)時に通貨の購入平均値が下がることによって利益を得る方法です。

例えば、元々1ドルを100円で買っていたとします。

価値が下がり、1ドル80円になってしまった時、1ドル80円で追加で購入するということです。

なぜ下がる傾向にある通貨を、また安くなってしまうかもしれない通貨を買うの???と思いますよね。

1ドルを2取引分買ったことによって、掛かった費用は180円(元々の取引100円+安くなった取引80円)ですね。

つまり、1取引あたりの平均は90円となります。

では後々価値が上がっていき、元々の100円に戻った時、利益損益の計算はどのようになるでしょう?

ナンピン買いをしなかった場合…2取引の1ドル平均は100円
ナンピン買いをした場合…………2取引の1ドル平均は90円

⇨10円の利益×2取引分=20円の利益となります。

このように通貨の価値が戻った時に利益を生むことができます。

ビーストは、このナンピン買いをシステム的に行うことができるのです。

ですがこのナンピン買いにはリスクもあります。

あくまで「通貨の価値が戻る、また上がること」を前提にした買い方なので、通貨の価値が上がらなかった時は損益となっております。

なので、ハイリスクハイリターンな買い方と言えるでしょう。

損益を覚悟した利益は、なかなか購入に踏み込めないのが人間というものです。

上がるとは思うけど、資産がなくなってしまうかも…そう考えると、どうしても二の足を踏んでしまいますよね。

ではその判断を、客観的に判断してくれるシステムがあればどうでしょう。

過去のデータから、価値が上がる可能性を計算してくれるとすると、ナンピン買いの「ハイリスク」も軽減されます。

ビーストは、リスクを減らし、利益になる可能性を上げてくれるツールなのです。

またこのビースト、1日に10回もの取引を可能にします。

高い攻撃力で1日に10回も攻めることができるんです。

更に売り買い、どちらか一方向の取引も可能という性能を持ちます。

利益を得るために攻めるときは攻め倒す、まさにビーストですね。

高い攻撃力を維持しつつ、様々なベクトルの攻めを実現し、攻撃回数も十分。

利益を生み出すに十分な攻撃性能が備わっていると言えるでしょう。

また、マーチンゲール方式と呼ばれる取引をしないというのも特徴のひとつです。

マーチンゲール方式とは、いわゆる「倍がけ」のことです。

元々はカジノなどのギャンブルで使われていた方法で、

例えば100円を賭けて負けた場合、負けた金額の倍である200、また負ければ400円…と次々に賭け続けます。

勝ちの低い確率でも、統計上いつかは「勝ち」に収束するので、資金が尽きない限り、倍がけし続ければ理論上負けないとされています。

ですが、倍がけし続けるというのも、限界があります。

その限界までに勝てれば問題ありませんが、確率はあくまで確率。

一度も勝てなければ全資金を失うことになってしまう非常にリスキーなやり方と言えるでしょう。
ビーストではこのようなマーチンゲール方式を採用していないので、リスク面も可能な限り抑えた設定がされていると言っていいでしょう。

直近相場3ヶ月で月利77%の無料自動売買ツール⇩

Beast【ビースト】の記事を読む

Beast2【ビースト2】の実績

2020年9月28日~10月2日までの週報

5万円オーバー!!

運用開始から4日でこの実績は凄いですね!!

ビースト2【FX自動売買】2020年実績!月報エビデンスまとめ!

ビースト2【FX自動売買】2021年実績!月報エビデンスまとめ!

ビースト2の1日の爆益

この日のビースト2 は「これで日曜までに売りなさいよ!」と伝えるかのようなスゴイ実績が出ました!!!

しかも今回のエビデンスでは 両方向一斉決済ロジック発動での爆益です!

ナンピン系EAの一番不安要素な「多数のナンピンポジション」が全て一括決済されるので このあとはまっさら、0からのポジションスタートとなるのがビースト2の魅力でございます。

 

2020年10月の月報

36万オーバー!!

コロナ禍でも、ビースト2はガッツリ稼いでくれます!!

2020年11月9日~13日の週報

21万オーバー!!
週報で21万ってこの有料版のビースト2はヤバいですね!!

Beast2【ビースト2】とは???

さて、ビーストの機能や、攻め方、攻撃力は分かっていただけたかと思います。

次にビースト2のご説明させていただきます。

ビースト2の基本情報については以下の通りとなります。

取引通貨

 円⇆ドル

 ユーロ⇄ドル

証券会社

 XM証券 
 スタンダード通貨

必要証拠金(資金)

 5万円〜

上記の条件で、誰でも始められます。

ではビーストとビースト2って何が違うの?という説明に移ります。

前述のビーストではいわゆる

「リスク管理できる範囲内の攻めた取引を、コンピュータの統計に基づいたデータから、自動取引を行なっている」

という印象ですね。

ですが、攻めるためのリスクを抑えるだけが、リスク管理と言えるのか?という疑問が出てきます。
その疑問を解消し、改良を加えたのがビースト2です。

ビースト2には攻めるためのリスク管理以外の高い防御力も追加されました。
「2」たる所以です。

じゃあどういったリスク管理なのか、以下にてご紹介させていただきます。

FX自動売買ツールの業界初の機能は証拠金維持率機能!!

他の、どのEAにも付いてないでしょう!?このビースト2だけです!!

証拠金維持

FXは複数の取引を同時に進行することが多いです。

10個、20個と持つ人もいます。

資金に限りがあって多く取引は持てないし、買った分だけ損益の可能性が上がるし…と思いますよね。
ビースト2は、持っておける取引の数を固定する機能があります。
例えば、取引数を5個と設定した場合
6個目、7個目と良さそう取引を追加したら、その7個からもっとも利益の出ないであろう取引を自動で決済できる機能です。
取引数の上限を設定することによって、損益の被害を最小限にできるのです。

また、売る方向買う方向に対しての損益も設定できるので、自分の資金と相談して取引数を設定していきましょう。

強制決済

総資産の内◯パーセントが損益になった場合、強制的に決済する機能です。
実際に取引するのは人間。
損益にムキになって更に買ったりしてしまい、返って傷を広げてしまう結果になりがちです。
その点、システムであるビースト2はどこまでもクレバーです。
強制的に決済してくれることによって、傷を最小限にとどめてくれます。

また、損益と利益を平行して考えるのは困難です。

損益が出たら利益に回す資金が無くなってしまうという関係上、利益損益は切っても切り離せません。
自分の資金にあった損益のラインを考え、「どの程度まで失っていいか」を判断していきましょう。

自動オンオフ機能

時にシステムに頼らず自分の判断も重要になってくる場面が存在します。
大きく向上する見込みのある取引も、ビーストが勝手に決済してしまい、利益を逃してしまう…

また、逆にこれから低下していくことが目に見えている取引を早く売ってしまいたい。
そんな時に便利なのが、ビーストを寝かせる、オフにできる機能です。

曜日ごとに、設定した時間帯でビースト2を停止させることができるのです。

停止している時間帯を自分で設定できるので、自分で判断する時間を作っていきましょう。
以上の3種類のリスク管理によって、ビーストは高い攻撃力だけではなく、高い防御を得ることによって、更なる進化を遂げました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ビースト2eaは攻め守りを両立しつつビーストの名前に恥じない機能を多く持っています。
今回紹介した機能は、もちろん自分好みにカスタマイズすることができます。

資金のある方は、より攻撃力を上げることもできますし
損益を抑えたい方は、防御力を上げ安全に取引することも可能です。

ビースト2を自分だけの取引の形に作っていきましょう。

自分の直感を頼りに、自分なりのやり方でどんどん取引していくのも、もちろん間違っていないと思います。

ですが、せっかく自動売買システムというものあるのですから活用しない手はありません。
使えるものは全て使い、どんどん稼いでいきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

もし、

アナタの本業が労働時間12時間以上でブラック企業で休みも少ない………

ボーナスがない………

ただ、時間はあまりなくても副業で本気で稼ぎたい!!のであれば、私と同じ副業を1度試してみるのも良いと思います。

副業を長年にわたり、せどりやっても、アフィリエイトやってもたいした稼げなかった私が稼げるようになったのもFX自動売買ツールに出会えたおかげだからです。

きっとお金と時間に困っている人が私と同じ思いをしていると思います。

ちょっとでも同じような思いをしている副業頑張ってるパパさんやママさん、

床屋さん、美容師さんの助けになれば良いと心からおもって行動をしてともにチョットでも子供との時間や、お金に困らずちょいリッチくらいにはなれたらいいんじゃないと♪

もし、

今の現状を脱出したいとか、副業やってても中々、成果出てないって人には私はオススメしたいです。

あまり言い過ぎるとウソっぽく聞こえてしまうので、

この辺で…興味があれば⇩

それでは、公式LINEでのお問い合わせをお待ちしています。

Beast2【ビースト2】の相談やお問い合わせは下の公式LINEから気軽にメッセージしてみてくださいね♪

直近相場3ヶ月連続で月利77%のFX自動売買ツールを使ってみる⇩

友だち追加

【ブログ読者限定特典10個つき】LINE 友達登録をして頂いた方には、FX の自動売買ツールを無料でプレゼント中!

期間限定公式LINEに友達登録してくれた方に 月利77%越えモンスター無料自動売買ツールプレゼント】 詳細はコチラ