【FX初心者】必見!!相場を分析する技法・おすすめチャート2選!

当ページのリンクには広告が含まれています。

FXトレードで相場分析をするためには相場を様々な角的な視点から分析する必要があります。

そのために行う相場分析の技法は大きく分けて2種類あります。

1つ目は「テクニカル分析」

2つ目は「ファンダメンタルズ分析」です。

\\本業以外でラクに稼いでごめん//

\\副業でまだ3万円稼げてないの?//

あわせて読みたい
副業FX自動売買で本業以上稼ぐ無料メルマガ ・投資が初めての方でもオッケー!・FX自動売買をやったことない初心者でもオッケー!副業で月3万は、簡単です♪ なぜなら、一休はFX自動売買を使って稼いでいるから...
目次

テクニカル分析とは

1つ目のテクニカル分析とは

過去のチャートの動きをもとにして相場を分析する技法のことで、

過去の相場のパターンから似たようなパターンを探したり、FXトレードに参加している投資家の心理を読み解き相場全体を分析します。

ただし、

テクニカル分析は、弱点があり現実で何か大きな事件や出来事があった場合や1分足などの短い足などは、

「だまし」と言ってテクニカル分析ののセオリーが通じない場面があったりするので注意が必要です。

ファンダメンタルズ分析とは

2つめのファンダメンタルズ分析とは

金融政策、経済状況、政治などをもとにして分析する技法のことで、要人発言や各国の経済指標などをもとに分析していきます。

例えば米ドル/円の分析を行う場合アメリカと日本の経済状況や中銀総裁の発言などです。

その他にも毎月第一金曜日にはアメリカの雇用統計というものがあり、

これは世界経済の通信であるアメリカ経済の現在状況を表したものであるため世界中からの注目度が高くこの結果によっては相場が大きく動くこともよくあります。

ただし、

相場が織り込んでいない突発できな事象、テロや自然災害、政局の変の化、金融政策の変更、

雇用者数の減少など不確定事項が大きな影響を及ぼす場合があるのでツイッターなどのSNSを活用して海外の情報を収集するころも重要です。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のざっくりとした概要を紹介しましたが、

ファンダメンタルズは日々の情報収集に加えある程度の専門知識を要する必要があるので初心者にはお勧めできません。

なので今回は比較的わかりやすいテクニカルチャートを2つ紹介します。

ボリンジャーバンドの使い方